医療器具

更年期障害を乗り越えて爽やか気分|イライラしないマイライフ

ホルモン補充、漢方の選択

病棟

2つの方法

更年期障害になり、医療機関にかかった場合に行われる薬物治療には、主に2つの方法が考えられます。まずは、ホルモンを薬で補充する方法です。更年期障害の理由は、女性ホルモン「エストロゲン」の減少によりますから、これを補充する形をとります。ただし、長期間にわたって女性ホルモンのみを摂取した場合には、子宮体がんになるリスクが高まると言われていますから、これへの対策として黄体ホルモンという、子宮体がんを予防するホルモンも使用します。2つ目の方法としては、漢方薬による方法です。更年期障害における症状は、精神的な不安定を伴いますが、これは漢方の得意とする点です。漢方薬の多くには、体質改善や精神的安定をもたらす効果がありますから、医療機関によっては、漢方による治療を積極的に取り入れている場合もあります。

漢方の注意点

更年期障害治療として、主流はホルモン補充による方法ですが、漢方治療も有力となってきました。漢方治療で注意すべき点が2つあります。まずは更年期障害の症状をしっかり把握することです。更年期障害には実にさまざまな症状があり、個々によって異なる症状が出ます。精神面でもイライラする場合と落ち込む場合、抑うつが挙げられます。不眠や食欲不振、集中力低下なども考えられますが、身体的症状として動悸や頻脈、腰痛、肩こり、むくみなど多様な症状があります。これらをしっかり把握し、医師に伝達することが大切です。理由は、症状に合わない漢方は効果が薄いためです。次に、ご自身の体質についても把握しましょう。虚弱体質なのか、体力が充実しているのかどうか、中間くらいなのかです。目安となるのは体型や声の大きさ、胃腸の丈夫さ、冷え性かどうかなどで判断することとなります。体質に合わない漢方もまた、効果が少なく副作用のリスクが高まります。漢方での治療を行いたい場合には、症状と体質について把握しておきましょう。