看護師

更年期障害を乗り越えて爽やか気分|イライラしないマイライフ

ホルモン補充、漢方の選択

病棟

更年期障害で行われる薬物療法は、ホルモン補充、または漢方による方法です。前者は女性ホルモンを使用した治療法で最も主流な方法です。後者は、近年注目されてきている治療法ですが、症状や体質に合わない漢方薬は効果が少なく副作用のリスクも高まってしまいます。医師にこれらの情報をしっかり伝達することが大切です。

読んでみよう

特徴とホルモン補充療法

女性

更年期障害というのは、いろいろな症状があります。これは人によってもさまざまです。たとえば、イライラしたり、身体全体がだるく感じたり、関節痛を引き起こしたりします。このような症状がいろいろと出てくるのが更年期障害の特徴です。更年期障害は40代以上の女性に多い病気であり、20代や30代の女性にはほとんど発症しません。その理由は、女性ホルモンが関係しています。更年期障害は女性ホルモンの分泌量が減少することで生じます。脳は女性ホルモンの分泌を促しますが、実際には分泌されません。そのことによって脳に混乱状態をもたらすのです。脳の混乱が身体にいろいろな症状を引き起こします。そして、女性ホルモンは40代になってから減少し始めるのです。

更年期障害はその名のとおり更年期になったときにあらわれてくる病気です。女性ホルモンの1種であるエストロゲンが分泌されなにくくなるかことで生じます。そうであれば、その治療方法はこのエストロゲンの分泌量を増やすことです。実際に病院で行われている治療法はホルモン補充療法が行われています。これは女性ホルモンを直接的に補充することで更年期障害を治療します。しかしながら、気になるのはこのホルモン補充療法には副作用があるかどうかということです。結論からいうと、副作用は一切ありません。この治療法は注射などの注入系治療ではありません。錠剤で摂取することが一般的です。他にも貼り薬で身体に取りいれる方法もあります。

中年女性に起こること

女性

女性は40代半ばから50代半ばの間、更年期と呼ばれる期間に入っています。この間は女性ホルモンの減少によるホルモンバランスの変化が起きているため、体調不良が起こることがあります。これを更年期障害と言います。ホルモン補充療法、自律神経調整薬、漢方薬などによって治療が行われます。

読んでみよう

特徴と治療

医者

更年期障害の症状は精神的なものや身体的なものがあります。特に45歳以降になると、この症状があらわれやすくなります。この治療薬としてはホルモン補充のための錠剤があります。摂取することで体内の女性ホルモンを増やします。

読んでみよう